派遣で働こう!薬剤師にとってのメリットとは

薬剤師の職場と働き方とは

薬剤師になって働くときには職場も働き方も選択肢が豊富にあります。最も典型的なのは調剤薬局で常勤で働くという方法です。しかし、その典型例にこだわる必要はありません。病院やクリニック、ドラッグストアや製薬企業など、様々な職場で重宝されているのが薬剤師です。また、常勤でなくともしっかりと稼げる働き方に派遣もあります。人材として重宝されていることから有利なため、働き方として派遣の道も考慮してみることも大切です。

派遣で働くと獲得できる自由

派遣で働く薬剤師は自由を獲得できるメリットがあります。常勤のように時間的な拘束を職場から受けることがなく、残業や休日出勤などにお割れにくいのがメリットです。形式的には派遣会社に所属していることになるため、派遣先の病院や調剤薬局などから直接的に業務命令を受けることがありません。派遣社員として業務を行う先と行った契約内容を越えた仕事を課せられることはないため、束縛を受けずに仕事ができるようになるでしょう。

豊富な求人で仕事も安定

薬剤師が派遣で働くメリットは仕事が安定することです。一般的には派遣で働くと仕事の獲得が難しくなって職を失うリスクがあります。しかし、人材として重宝されている薬剤師の場合には豊富な求人があって仕事に困ることはまずありません。むしろやりたい仕事を選べる立場にあると言えます。待遇や条件などを自由に選んで、働きたい時間だけ働き、安定した仕事をすることもできるのが薬剤師が派遣で働くメリットです。常勤にこだわらずに働き方の候補にしてみましょう。

薬剤師の派遣で来られた方は、一通りの専門知識は備えています。しかし専業で仕事ができないのには、理由がありますので、比較的時間内に終わる仕事を任せるようにしましょう。