結婚後も仕事を続ける?!続けることで得られるメリット!

好きな人を選べる?!

結婚後、仕事を辞めるという前提があると、結婚後の生活水準が下がってしまうことや、生活の安定を求めなければいけなくなり、好きだという気持ちだけでは、相手を選びにくくなってしまいますよね。しかし、結婚後も仕事を続けることで、相手の収入では補えない生活費を自分が補うことが出来ます。生活費を折半すれば、結婚後も変わらず、自分の収入を自由に使えます。お金のことを考えることなく、好きな人と結婚することができるでしょう。

旦那と対等でいられる?!

旦那とは結婚後、喧嘩することは、日常茶飯事となることがありますよね。しかし、自分が働いていないと、養ってもらっているということもあり、言いたいことが言えなくなってしまうことがあります。また、旦那から誰が働いているから生活できているんだなどと捨て台詞を吐かれてしまったら、言い返す言葉が無くなってしまうでしょう。結婚後も働き続けることで、喧嘩になってしまった場合も、対等に意見交換をすることが出来るでしょう。

旦那や子供へ求めることが多くなりすぎない?!

専業主婦となり、自宅にいることになると、自分の目標というものの対象が、すべて旦那や子供になりがちです。すると、旦那の昇給の面や、子供の成績の面に、多くを求めすぎてしまいますよね。しかし、それは旦那や子供へのプレッシャーになってしまい、仲が悪くなってしまうことも考えられます。母としてだけの女性となるのではなく、自分も女として外で働くことで、自分のキャリアなどの面で目標ができるので、程よく家族生活をおくれるでしょう。

結婚後は、女性は専業主婦として自宅にいるかたもいますが、働く必要はあり、独身時代と違った働き方になる場合も多く、悩ましい問題です。パートといった働き方をされるかたもいて、主婦のパートも、重要です