やっぱりハードスケジュール?!命を救う医師の勤務体系

病院での医師の1日って?

医師の働く場所といえばやはり病院ですよね。では、医師は病院でどのような1日を過ごしているのでしょうか。基本的に勤務する病院の開院時間に合わせて出勤します。しかし科によって異なり、皮膚科や耳鼻科など、緊急を要する患者がほとんどいない科では通常通りの勤務が可能です。一方、産婦人科や小児科になると緊急の場合があるかもしれません。そのような科では夜中の勤務や呼び出しも珍しくはないのです。命を預かる医師はかなりハードな生活をしていることが分かります。

医師に休日はあるの?

徹夜が続くことも多い医師の生活ですが、その中に休日はあるのでしょうか。病院の規模や科によって異なりますが、基本的には休診日は休日となっています。しかしそのつかの間の休日も、研究や教授の手伝いなどに当てる医師が多いのですよ。また緊急の呼び出しがあることも考えて、常に連絡がとれる状態にしておく必要もあるのです。そのため長期休暇は取りにくいというのが現実かもしれません。大きい病院なら特に休みは少ないですが、町の診療所などでは比較的休みが取りやすくなるでしょう。

研究機関の医師の勤務体系は?

病院で勤務する医師は不規則な生活になってしまいがちですが、研究所や大学で働く医師はほとんど決まったスケジュールで勤務することができます。やはり緊急の呼び出しや当直がないことは大きいのでしょう。基本的には出勤は午前9時、間に昼食をはさんで午後6時には勤務終了となります。しかし学会の発表が近づくと残業が続くことも少なくありません。実験がうまくいかない時には特に忙しくなります。やはり医師という人の命を預かる職業では多大な苦労がされているのですね。

医師のバイトの働き方を知るために、医療関連の転職サイトに登録をすることで、勤務時間や仕事内容にこだわりながら、就業先を選ぶことがおすすめです。